現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今日のしむかっぷ
  3. 2000年度
  4. テレビ

テレビ

2001年02月12日(月曜日) 天気:今日の気温:午前6時現在 -14.2度

収録風景

(占冠村ニニウ地区「占冠村サイクリングターミナル」にて)

テレビに出る

このホームページが作られている占冠村役場産業課に、1枚のフロッピーを持った男が入ってきました。
占冠村サイクリングターミナルで働く山本さんです。
産業課に入ってくるなりつかつかとこちらに近づき、いきなり
「テレビに出るんです。」
「はあ?」
サイクリングターミナルは、占冠村のニニウ地区にある温泉つきの宿泊施設。ターミナルの周りにはキャンプ場やサイクリングロードもあり、夏には多くの家族連れで賑わいます。
今回、どうやら札幌テレビの人気番組「どさんこワイド212」の取材を受け、番組中で紹介されることが決まったようです。
おもむろにフロッピーを差し出した彼、
「この中に入っている写真、『今日のしむかっぷ』で使ってくれませんか?」
宿題を手渡すと風のように山本さんは去っていきました。

金はないけど夢はある

今回、写真を持ってきた山本さんです。
冬のサイクリングターミナルはスノーモービルを楽しみに来るお客さんが多く、ターミナルの周りにはお得意さんのスノーモービルが並んでいます。
今のところターミナル所有のスノーモービルはなく、一般のお客様は乗ることができないのが残念なところ。
「儲かったら一般のお客様が乗って楽しめるモービル買うんだ!」
いつかの飲み会で言っていた彼。
サイクリングロードも、冬はスノーシューや歩くスキーのコースとしても使えそうです。
金はないけど夢はある。頑張ろうね、山本さん。

ニニウならでは、そして美味しく

厨房内での撮影風景。
一心不乱に調理しているのは、サイクリングターミナルの料理長である前野さん。
いつもにこやかな彼も、調理場に入れば真剣そのもの。今は「ニニウカレー」を作っているところのようです。
中華料理店での修行が長く、中華が得意な前野さんですが、今は「ニニウらしく、かつ美味しいメニュー」の開発に日々努力しています。

明るい人

サイクリングターミナルで働くスタッフの1人山下さん。
いつも笑みを絶やさない明るい彼女はみんなの人気者です。
「うまく撮ってね。」

できあがり

いよいよ「ニニウカレー」の試食の時が来ました。
心なしか前野さんも緊張している様子。
「うん、こりゃうまい!」
「このルーの中に入っている緑色のものは何ですか?」
「それは実はギョウジャニンニクなんです。」
「えー本当ですか!」
…以上2人の会話予想。
カレーは非常に強い食材で、あらゆる物をその中に入れても全体の味を大きく左右されることはありません。
隠し味にチョコレートやリンゴおろしを加えても、ちょっとわからないのが良い例です。
ニニウカレーはその“隠し味?”に山菜の村占冠ならではのギョウジャニンニクを使っています。
タマネギをたっぷりと使ったルーと、上に乗ったとろけるようなポーク。おまけに山の恵みを凝縮したギョウジャニンニクが隠し味。
是非一度ご賞味下さい。

見てねー

レポーターの玄武さんとスタッフ一同で記念撮影です。
今回撮影された内容の放送予定日時は、2001年2月15日午後4時50分頃から。
札幌テレビ「どさんこワイド212」の中で紹介されるそうです。