現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今日のしむかっぷ
  3. 2001年度
  4. フキノトウ

フキノトウ

2002年03月14日(木曜日)

占冠村中央部にて

ふきのとう

なんじゃ?

昼休みの自宅前。
溶け始めた雪の合間からところどころ顔を出し始めた褐色の地面。
「おー、もう地面が見え始めたか。今年は暖かいんだなぁ・・・。ん?」
よく見ると何か緑色のモノが顔を出しています。
「なんじゃ?」

独り言

「おー!フキノトウではないですか!」
思わずでかい独り言。

暖冬

氷を突き破るようにして顔を出したフキノトウ。
山ブキは占冠村の特産品の一つです。
ゆえに、春になるとフキノトウだらけになる占冠村ですが、それはあくまで4月も中旬を過ぎてから。
春の遅いこの村で、3月中旬にフキノトウを見るのは初めてです。

私は信じない

「もうフキノトウが出ていたんですよ!」
午後1時。担当者の直属の上司である山下係長に報告してみました。
「えーっ、うっそぉ。」
ニヤニヤと疑わしそうな目を向ける係長。
「本当ですよ。ほら。」
デジタルカメラの画像を見せても、
「フキノトウには見えないわね。」
・・・あくまで信じてくれません。