現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今日のしむかっぷ
  3. 2001年度
  4. 産業課の夜

産業課の夜

2002年03月29日(金曜日) 天気:午後1時の気温がプラス8度

暖かくなりました

やつれてる

産業課の夜。
横を見ると、やつれた表情でパソコンに向かう山下係長。
4月1日付けで、6年間の長きに渡って担当者とコンビを組んできた山下係長が教育委員会へと異動になります。
いかにも肩がコリそうな体勢の山下係長。今、事務引継書を作っているところです。
パソコンを見つめながら一言、
「以下省略じゃダメかしら。」

私は孫悟空

「係長、お疲れですね。」
「だんだん頭がおかしくなってきた。頭に輪がかかっていてそれがだんだんきつくなってくるのよ。私って孫悟空かしら?」
疲れていても面白い山下係長です。

反応なし

係長の向こうには、いつものごとく産業課の隅っこにあるパソコンと格闘している岩谷農業振興係長の姿が。
「おーい、岩谷さーん!元気ですかー?」
「・・・・・。」
反応がありません。

歌いたくなってきた

林務係の五十嵐さんが岩谷さんの後ろ姿を眺めながらしみじみとつぶやきました。
「男の背中って感じでイイですね・・・。」
「そういえば「男の背中」って歌があったよな。」
残業続きの岩谷さん。そこでボソリと一言。
「歌いたくなってきた。」

歌ってやるか?

岩谷さんの一言に大笑いしていた山下さん。
岩谷さんに向かって、
「私が歌ってやるか?」
最後の最後まで面白いお方。
どこまでいっても明るい産業課なのでした。