現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今日のしむかっぷ
  3. 2001年度
  4. 準備開始

準備開始

2002年02月04日(月曜日)

占冠村道の駅にて

午後1時30分。気温はプラス7.1度。朝昼の気温差が30度以上あります。

準備開始

2月23日に開催予定の占冠村の冬まつり。
いよいよ今日から本格的な会場準備に入ります。
厳寒の中、村の子供達の健やかな成長を願うボランティアスタッフの奮闘が始まります。

ヘンなおじさん

冬まつりの大御所、占冠村商工会の河淵さんです。
「どうですか、調子は?」
「絶好調!」
相変わらず面白いお方。

今日のノルマ

今晩のノルマは、雪像コンクール用の雪柱を作るために使用する型枠の作成です。
ベニア板4枚を組み合わせて、一つの型枠を作ります。
これを10コ作らないと今日は帰れません。
「えっ、何?コンパネが2枚足りないって?じゃあ、今日全部できねぇじゃん。まーた、カワさんが使っちまったんじゃねぇの?」
基本的に行き当たりばったりな私たち。ハプニングはつきものです。

今日はこの辺で許してやろう

作業を進めること約3時間。
雪像コンクールで使う雪柱用の型枠9コが完成しました。
1コ足りないけど・・・まぁいいか。

終わらない

午後9時20分。
産業課で「今日のしむかっぷ」コーナーの原稿を書いていると、さっきまで一緒に冬まつりの準備をしていた商工会の二ツ森さんがやってきました。
「お疲れ。仕事かい?」
「もちろん。今が追い込みなんよ。」
年度末に向けて、商工会の業務もピークを迎えているようです。
「今日も12時コースかい?」
「うん、今日も明日もあさっても。」
「ご苦労さん。頑張ってね。でも、オレはもう帰るぞ。」