現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今日のしむかっぷ
  3. 2003年度
  4. 初詣

初詣

2004年01月01日(木曜日)

新年を祝う花火(北海道美瑛町)

毎年違う

初詣へとやって来ました。
今年は旭川市の護国神社です。
あまりこだわりのない担当者。 毎年初詣に行く神社が違います。

日本の風景

ひんやりとした空気の中に浮かぶ本殿の灯火。
声をひそめて歩く人々。
静かで美しい日本の風景。

忘れた

いよいよご神体の前までやって来ました。
賽銭箱もいつもとは違って巨大なものが用意されています。
「やっぱり不景気だねぇ。賽銭箱に万札が見あたらないよ」
年初から俗なことを考えている担当者。
階段を下りてから気づきました。
「あれっ。賽銭に気をとられて願い事するの忘れたわ」

悠久の

見上げれば、直径1.5メートルはあろうかという大木の梢が夜の光に浮かんでいます。
縄文杉や鎌倉の大銀杏には及びませんが、遙か昔より人々の暮らしを見つめてきたのでしょう。

しあわせ

社務所です。
おみくじをひくカップルや、破魔矢を買う家族。合格祈願に絵馬を求める受験生。
年初の神社は、人々が「幸せ」を求め祈る心に満ちています。