現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 今日のしむかっぷ
  3. 2001年度
  4. 頑張る人々

頑張る人々

2001年07月28日(土曜日)

占冠村道の駅にて

働くご夫妻

毛のある頃から

占冠村の道の駅の横には、珍しい噴水があります。
噴水の周りには池も囲いもなーんにもなく、すり鉢状になっているポケットパークの真ん中から、いきなり水柱が上がっているのです。
その噴水の調節に来た担当者、そのポケットパークに建つ巨大温度計を前にカメラを抱えているおじさんを見つけました。
「誰じゃ?」
よく見ると、道の駅のパンフレットを制作することになった印刷会社の社長兼カメラマン兼営業マンの竹内さんです。
「社長、撮影ですか?」
「やぁ、どうもどうも。道の駅関係の追加の写真を撮りに来たんですよ。旭川を朝5時に出てきました。」
今時珍しいほどの職人気質の方で、道の駅周辺の写真といえども、自分の満足のいく絵が撮れるまで1時間でも2時間でも平気で粘り続けます。
竹内さんの会社は占冠村から110キロほど離れた旭川市にあります。
20年以上も前、まだ髪の毛が黒い頃?から占冠村の写真を撮り続けている竹内さん。大変村の情報に精通されています。
そう言えば昨日も撮影に来ていたっけ。遠いところお疲れさまです。帰りも気をつけて下さいね。
道の駅の中へ入っていくと、まだ9時30分だというのに、もうお客様でごった返し始めています。

頑張ってください

道の駅内にある観光案内所の案内員、田口さん(写真右)と仁木さん(写真左)。
今日も忙しくなりそうですね。頑張ってください。

お疲れさまです(その1)

役場へ帰ってくると、正面玄関入り口にある不在者投票所に小林総務課長がいらっしゃいました。
「おはようございまーす。お元気ですか?」
「ええ、まぁ・・・元気ですね。ところで三浦さんはどうしたの?」
「道の駅のポンコツ噴水の整備ですよ。」
「ポンコツ・・・って、凄いこと言ってるね。」
明日行われる参議院議員選挙の担当者である小林さん達は、ここのところ休日もなく選挙事務に追われているのです。

お疲れさまです(その2)

ブラインドが降ろされたままの薄暗い産業課へ入っていくと、「のそーっ」と立っている男が一人。
占冠村のニニウ地区にある、「占冠村サイクリングターミナル」の山本さんです。
「おはようございます。泊まり明けですか?」
「ええ。でもまたターミナルに戻るんです。」
寝ぐせ頭にむくんだ顔、目もうつろ。・・・お疲れですね。
道の駅から車で15分ほどの所にあるニニウ地区は、占冠村で一番気候が良く、美しい自然が数多く残されているところ。
占冠村にお越しの際は、是非サイクリングターミナルにお立ち寄り下さい。
写真とはうって変わって爽やかな山本支配人が、にこやかに皆様を迎えてくれることでしょう。