双民館の施設

双民館には体験研修などができる校舎部分と、宿泊施設部分があります。
双民館概略図

校舎部分

校舎写真

研修室A・B

10名くらいがのんびりと会話のできる会議室が2つあります。

調理実習室

調理実習室
アイスクリームやソーセージづくりなどができます。

郷土資料室

郷土資料室
村の歴史のみならず、北海道開拓時代の雰囲気も味わうことができます。

屋内体育館

屋内体育館
広さ10メートル×15メートル。
軽スポーツで爽やかな汗を。

屋外運動場

早い話が昔のグラウンドです。
ソフトボールなどするのには最適です。

宿泊施設部分

宿泊用の住宅は合計で4棟あり、それぞれ6人から11人の宿泊が可能です。
研修施設であり観光目的の宿泊はできません。
宿泊施設写真

宿泊施設の設備内容

  • バス(シャワー付き)
  • 水洗トイレ
  • ガス台
  • オーブンレンジ
  • 洗濯機
  • 乾燥機
  • 食器
  • 洗剤
  • 冷蔵庫
  • 炊飯器
  • 清掃用具
  • ストーブ
台所写真

台所の様子

洗濯機写真

乾燥機付きの洗濯機

トイレ写真

トイレも水洗です

料金表

料金表 : 宿泊 (午前9時から翌日正午まで)
区分 利用料金
お一人様 2000円 (子ども 1700円)
団体 (5人以上) お一人様 1800円 (子ども 1500円)
暖房料 (11月1日~4月30日) 200円 (子ども 200円)
※令和2年 (2020年) 4月1日より宿泊料金が変更になっていますのでご注意ください。
料金表:日帰り使用(4時間以上12時間未満)
区分 利用料金
お一人様 400円 (子ども 300円)
団体 (5人以上) お一人様 300円 (子ども 200円)
暖房料 (11月1日~4月30日) 100円 (子ども 100円)
料金表 : 日帰り使用(4時間未満)
区分 利用料金
お一人様 150円 (子ども 100円)
団体 (5人以上) お一人様 120円 (子ども 80円)
暖房料 (11月1日~4月30日) 50円 (子ども 50円)

補足事項

  • 子どもは中学生以下となります。
  • 研修目的以外の宿泊はできません。
  • 日帰り使用では双民館(旧校舎)及びグラウンドの利用に限ります。
  • 営利を目的として利用する場合には、定額の10割増しとします。 

問い合せ・担当窓口

農林課 農業担当

  • 電話番号 0167-56-2174
  • ファクシミリ 0167-56-2184

最終更新日: