現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の案内
  3. 農林課
  4. 農業担当
  5. 占冠村の農業について

占冠村の農業について

農作物

メロン

メロン写真
 昼夜の寒暖の差が大きいため、甘いメロンができます。食べ頃は7月から9月です。

ほうれん草

ハウス栽培写真
ホウレン草は寒冷地に適した作物。
占冠村で作られるホウレン草は、ハウス栽培を中心に6月~9月まで収穫が行われています。 

じゃがいも・かぼちゃ・とうもろこし

とうもろこし畑写真
占冠村に開拓の鍬がおろされてから幾年月。
先人達が未開の地を開拓し、ジャガイモなどの雑穀を作り、自らの食料としてきました。美味しく、栄養豊かなこれらの秋の味覚が今も受け継がれ栽培されています。 

てんさい(ビート)

ビート畑写真
上質のグラニュー糖の原料となるのがこのビートです。
メロン同様寒暖の差が大きいため、他の地域より糖度が高く品質の良いものが出荷されています。 

畜産

黒毛和種

黒毛和種写真
北海道内で最も古い肉牛の産地として知られる占冠村の和牛は、全国各地に肥育素牛として出荷されています。
日本固有の食用牛である「黒毛和種」は、非常に美味しく、ステーキはもちろん日本の代表的料理である「スキヤキ料理」の高級店でも使用されています。 

酪農

酪農写真
四季毎にそして酪農家毎に牛乳の味が異なることをご存じでしょうか?
それは、気温や環境、酪農家が与える飼料の違いによるものです。
占冠村の大いなる大地で育まれたミネラル十分の牛乳が毎日村外へ出荷されています。 

問い合せ・担当窓口

農林課 農業担当

  • 電話:0167-56-2174
  • ファックス:0167-56-2184