現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の案内
  3. 企画商工課
  4. 商工観光担当
  5. お知らせ
  6. 【注意喚起】架空請求による消費者被害の未然防止、拡大防止

【注意喚起】架空請求による消費者被害の未然防止、拡大防止

架空請求にご注意ください!!

架空請求の請求手段は、ハガキ、SMS(ショートメッセージサービス)など様々です。法的措置を採るなどと記載をしたり、実在の事業者名をかたって本物と思わせたりして、消費者の不安をあおるケースも見られます。また、架空請求は消費者の情報を完全に特定して送られているわけではありません。連絡してしまうと個人情報が知られ、その情報を基にさらに金銭を要求される可能性があります。未納料金を請求されても心当たりがなければ決して相手に連絡しないようにしましょう。
訴訟〇〇センター等を名のり消費料金の件で訴訟を開始するというハガキ、有名企業を名のり有料動画の未納料金の件で連絡が必要というSMS等が届いた場合は、「消費者ホットライン(局番なしの188)」を活用し、本当に支払が必要かどうかを確かめましょう。