現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課の案内
  3. 保健福祉課
  4. 保健予防担当
  5. お知らせ
  6. ヘルパンギーナが流行しています【警報】

ヘルパンギーナが流行しています【警報】

ヘルパンギーナ警報

富良野保健所管内の定点あたりのヘルパンギーナ報告数が警報基準の6人以上となり、蔓延防止のため警報が発令されました。

今後、富良野保健所管内において流行がさらに拡大する可能性がありますので、感染予防に努めてください。

定点って?
 定点とは、感染症の発生状況を知るために一定の基準に従ってこれらの情報を報告してくれる医療機関のことです。

ヘルパンギーナとは

 対象患者は主に4歳以下がほとんどであり、症状としては、2~4日の潜伏期の後、突然発熱し咽頭の発赤が現れ、主として喉に直径1~5mm程度の小水疱が出現した後に破れ、浅い潰瘍を形成し、疼痛を伴う疾患です。
 発熱は2~4日間程度で解熱し、その後粘膜疹も消失しますが、発熱時は熱性けいれんを伴ったり、疼痛により不機嫌になったり、拒食や哺乳障害、それによる脱水症状を呈することがあります。
 予後は通常、良好です。

ヘルパンギーナの感染予防

 ヘルパンギーナは飛沫感染、接触感染により伝搬するため、流水と石けんによる手洗いやうがいを励行してください。
 また、集団の中ではマスクを着用することも感染予防の有効な手段となります。
ヘルパンギーナの流行状況は、北海道感染症情報センターのホームページでご覧になれます

問い合せ・担当窓口

保健福祉課 保健予防担当

  • 電話:0167-56-2122
  • ファックス:0167-56-2184